ちょっと久々の図書館で

昨日の60分で描く創作のあれ(ワンドロというみたいだよ!)手直し版。
お題に赤髪があったので王さまの狩人シリーズから
ガスパールを描きました。かっこつけている。

60gas.jpg
 
*
 
絵と関係ない本題。
 
昨日は帰り道本を借りたりしていました。
5月はインプットもお休みした気が…そして借りてきた本もほぼ資料本ではないのですが
久しぶりにまったりお話を読みたいなと。
斉藤洋さんの本を二冊借りました。
『うらからいらっしゃい』読んだことないと思ってたけど読んでたらおぼろげに記憶が蘇ってきた。
でも面白いです。
 
斉藤洋さんは有名なのでこの本もご存知の方も多いと思うのですが
いらっしゃいのシリーズは小学生の男の子が
お兄さんの大学の怪談クラブ(皆で持ち寄った怪談をおはなしする)で
お話聞いたりお話したり冷やし中華食べたりする話で、
各人が語る怪談のなんというか…素朴さみたいなものと
少年が訪れる怪談クラブそのものの、オカルトまではいかない不思議感とかが大変素敵です。
怪談は短編で素朴なのが怖いと感じるのだ…
 
三冊目の『まよわずいらっしゃい』で特に完結ぽい事象もなかったので
斉藤さんが元気で気が向いて他の描いてらっしゃるものと競合しなければ
続きが見られるのかな…と思ってるのですがどうかな。
 
偕成社さんのページを貼っておきますね。
 
ひとりでいらっしゃい -七つの怪談-
 
そんな感じです。

なぎなた

倉知淳さんの『なぎなた』読みました。短編集です。
『こめぐら』という短編集がもう一冊一緒に出ていて、
そっちはちょっと前に読んだんですが、
私はなぎなたの方が好きだなあ。
猫丸先輩はこめぐらに出てたけども。

倉知さんはミステリ作家で、
特にとんでもないキャラは出て来ません…そうだったよね?
あっさりした感じでまったり読めるイメージ…
猫丸先輩が出てくると和むしね… ´ ▽ `

私は最後の方の「闇ニ笑フ」が楽しくて良かったな。映画館で謎の美女が笑ってる話。
モトノラの話はかなしくて悲しかった…
そしてあとがきでねこちやんかわいい言い過ぎてて吹きました。
ねこかわいいですね。

うとうとしてた

ずっとうとうとしてた気がする一週間です。すごいだめだ。

先日新しく出来た(復活した?) 図書館に行ってきまして、
興味のある架をうろうろしてました。
前にも一回行こうと思ったんですが、記憶を頼りに行ったら道に迷って辿り着けなかったんだ…
今回は地図持って行ったら、方向が全然違いました。近かった。

ちょっと寄って下調べ的なつもりだったのに
大きい民族衣装の本を借りてしまって自分でもわけがわからなかったよ。
あとスラブの民話の本も借りたんですが、衝撃だったのが男になった娘さんのお話でした。
カッコイイ娘さんが兵隊さんになって出世するんですが、
きっと木蘭的な展開になるんだろうと思ったらほんとに男の人になっちゃったよ。
電車の中でええええええってなりました。
あとお姫様がヤギで逃げる話が面白かった。

クリスマス歌集も借りましたが、そちらは微妙でした。
これからワーグナー大好きを聞くよ。ブギーの練習ができますよ。

とりあえず

今日くらいには余裕で宣伝とかしちゃうつもりだったんですが、
何故かコピー本を作り始めて終わらないのでまだなんだかもぞもぞしてます。

まどマギの最終回は見たよ。あの、法則的に言うとドラえもんがまどかちゃんでのびたくんがほむほむというか、つまりほむらさんが主人公でしたね。
ワルプルギスさんがとっても格好良かったです´▽`
魔女カッコイイ!

本は斉藤洋さんのイーゲル号航海記を読んでいました。
例によって児童書ですが、やっぱり面白いです。
ストーリーとしては、多分WW?後のドイツに住んでるカール少年がひょんなことから出会ったローゼンベルク博士一行に加わって潜水艦で別の世界に行く話ですかね…重要なことが表現できてない気がする。
ストーリーとか世界観も好みなんですが、文章の運び…というのか、
わざとらしくない格好良さで、これがセンスなのかなあとしみじみ思いました。ローゼンガルテンとか。
博士からのお手紙とかしみじみかっこいい。
児童書好きな大人は好きなんじゃないかな~と思う児童書でした。続きが楽しみ…

そんなかんじです。

考えてると時間が過ぎちゃう

最近…去年ですかねー、復刊したゴーストハントの一冊目を読みました。
確か昔々漫画版がりぼんに載ってましたよね~
りぼんじゃなくてなかよしだっただと…(調べた)
多分自分で買っていた頃ではなくて妹が持ってたものだったと思うんですが、
連載陣の中で一つだけやけに絵が大人っぽくてとても印象に残ってます。ホラー好きだったし。

文章がまったりでなんか安心しましたー
且つなんかこう懐かしの少女小説の雰囲気が若干こそばゆくて可愛かった。
小学生の頃に何冊か読んだことがあるんですが、ピンクの背表紙のやつ。こういう感じだった!
あの頃の本がそういうものだったのか、今も少女向け小説ってこういう感じなのかな?

移動中に読んで家に帰ったら2巻目が届いてた!嬉しいです。
あとスズメの本を借りてるので、読めたら読みたいなー


小説といえばこないだ買ったヴァルプの3巻を1/3くらい読んだのですが
(読んだところで診察の順番が来てしまった)
朝子さんが戦闘慣れしてて吹いた。あの二人かわいいな!

そんなかんじです。

Pagination